1963〜1969 6名の構成員が高校卒業後に土佐和牛の肥育経営等、それぞれに農業経営を始める。
1970 肥育牛農家としての経営の傍ら、肥育技術の研究グループ「ビーフキャトル」を結成。
1972 高知市の量販店「サニーマート」との取引が始まる。
1974 「農事組合法人 ビーフキャトル」設立
量販店との取引の充実、経営の効率化、新しい農業形態の創造を目指して、和牛とホルスタイン去勢牛肥育の共同経営を始める。
1977 北海道からの素牛の導入を始める。
1978 肉質の向上、生産コストの低減を目的に、ビール粕を基にした自家配合飼料の利用を始める。
更にこの自家配合飼料は醗酵菌を加えた「菌体飼料」に発展し、今日のビーフキャトルの飼料体系の基礎を作った。

「ビーフ商事 株式会社」設立
法人外の農家(後のビーフグループとなる)が生産した肥育牛の取り扱い等による流通部門の拡大に対応し、生産部門を「農事組合法人 ビーフキャトル」、流通部門を「ビーフ商事 株式会社」にそれぞれ独立させる。
1980 肥育牛生産部門を個人経営に移行
環境問題の観点から法人による規模拡大が困難であることや家族労働力等の活用、地域社会での活動の必要性等から生産部門を個人経営に切り替え、「農事組合法人 ビーフキャトル」は飼料の共同購入や肥育技術の研究組織とし、「ビーフ商事 株式会社」は残して流通を担当するという発展的形態となった。
1981 中村市にビーフ商事枝肉カット場を建設
1986 ホルスタイン去勢牛を「窪川牛」と名付け、サニーマートのオリジナル商品となる。
1991 農事組合法人 ビーフキャトル」を解散し、「ビーフ商事 株式会社」の名称を「株式会社 ビーフキャトル」に変更する。
農事組合法人設立から20年を迎える。

ビーフキャトル事務所
1993 「消費者に生産者の顔が見える牛肉作り」を実践する為、店頭で売られている窪川牛のパックのラベルへの生産者名記載を始める。
1995 より安心・安全を徹底する為、窪川牛専用飼料に使う全てのトウモロコシを「ポスト・ハーベスト・フリー」のトウモロコシに変更する。
1996 社団法人全国肉用牛協会主催の経営発表会において
農林水産大臣賞を受賞

クリックで画像を拡大できます
1999 枝肉カット場の衛生管理を更に徹底させる為、オゾン殺菌装置を全室に設置する。
2000 窪川牛専用飼料に使うポストハーベストフリーのトウモロコシと大豆を、更に「NON-GMO(遺伝子組換えをしていない物)」に切り替えてより安全な飼料体系を作った。

「ビーフキャトル青年部」を結成。毎月恒例となったサニーマートでの店頭試食販売を開始し、消費者の意見に直に触れる事によって窪川牛の更なるレベルUPを目指している。
2002 「窪川牛」の登録証票を取得する。