窪川牛は現在、高知の6戸の窪川牛生産農家と徳島の3戸の窪川牛生産農家、
そして5人のスタッフによって作られています。

ビーフキャトルでは以前から「生産者の顔の見える牛肉作り」をスローガンに掲げ、
店頭で売られている窪川牛のラベルに
その牛の生産者名を明記する事によって「窪川牛生産者は消費者に責任を持って安全な牛肉を提供する」
という姿勢を打ち出し、実践して来ました。

このページでは生産者とスタッフのプロフィールを紹介します。




私達の事を知ってもらえる事で窪川牛をより身近に感じて頂けたら幸いです。