〜窪川牛の出荷後の流れ〜

この図のようにビーフキャトルでは一般的な流通には乗せず、食肉センターでの屠殺作業以外を全て自分達で行う事によって品質の保持・経費節減に努めています。

こうした方法を実践しているから生産現場から流通そして店頭まで、その全てを私達生産者自身がきちんと把握する事が可能なのです。

これによって私達生産者は責任を持って窪川牛を消費者の皆さんに安心して食べて頂く事が出来、そして消費者の皆さんの声を吸収してより良い品物作りに励む事が出来るのです。

また経費を節減できる事によって、窪川牛を出来る限りお求め易い価格で提供させて頂いています。

窪川牛は最寄のサニーマートでお買い求め下さい。


遠方の方はHEARTY MALLでお買い求めいただけます。



「生産者の顔の見える商品作り」を実践する為、
93年より窪川牛のラベルには生産者名を入れています